腎機能をチェックしましょう

腎機能をチェックしましょう(GFR値の自動換算)

自覚症状の乏しい慢性腎臓病(CKD)の早期発見に役立つのが、尿中のたんぱく質の濃度を調べる尿検査と、血液中のクレアチニンを調べる血液検査です。

クレアチニンとは血液中の老廃物のひとつであり、通常であれば腎臓でろ過され、ほとんどが尿中に排出されます。しかし、腎機能が低下していると、尿中に排出されずに血液中に蓄積されます。この血液中のクレアチニンを「血清クレアチニン値」といいます。

この血清クレアチニン値を元に、あなたの腎臓の働きをチェックしてみましょう!

健康診断などで測定した血清クレアチニン値と、年齢、性別を入力してください。

腎機能をチェックしましょう(GFR値の自動換算)

 歳
 
 mg/dl

※健康診断結果や医者からの検査結果などで判明します。(値範囲:0.50〜4.00 mg/dl)
※正確にGFR推算値を求めるためには、クレアチニンの値は小数点以下2桁まで入力してくだ
 さい。例:1.03など。小数点以下1桁ですと誤差が大きくなります。
※このチェックの対象年齢は18歳以上です。18歳未満の方は正確な測定ができません。

結果を見る
ページトップへ戻る