J-CKDI事業概要

J-CKDI事業概要

● 社会に対する慢性腎臓病(CKD)啓発活動を行います。

特に、health care promoterとマスメディアを中心とした働きかけ、世界腎臓デー World Kidney Day(WKD)に連携したイベントを行います。

1. マスコミ関係者を対象としたCKD啓発イベント

2. 世界腎臓デー World Kidney Dayに合わせたCKD啓発イベント

対象:マスコミ、関連学会・団体代表など

3. 各地における医師対象の講演会

  • a. CKD対策に積極的な製薬会社などに対し、講演会等の内容をチェックして、協議会名で後援します
  • b. 医師会や地方の行政機関と連携した地方でのCKD啓発イベントを企画します

4. CKDニュースの発行

  • a. CKD対策に関する日本の動き、世界の動きを情報提供します
  • b. 具体的内容
    • ・ WKDに合わせたCKD啓発イベントを紹介します
    • ・ 世界の動き:ヨーロッパCKD同盟(European CKD Alliance)、KDIGOアムステルダム会議報告、WKD関連ニュース、など
    • ・ 日本の動き:各学会の動き、協議会の活動計画(上記啓発イベントニュースを含む)、など

●関連学会、団体にCKDに関する共同行動を呼びかけます。

対象:CKD対策協議会への賛同学会・団体

働きかけの内容

  • a. 学会:主に、学術会議や学会誌の企画として、CKD対策を取り上げてもらうようにします
  • b. 団体:啓発活動と、共同行動の可能性について協議します
  • c. モデル:日本腎臓学会と日本糖尿病学会の合同委員会
  • d. 共同事業:CKD対策テーマごとにWGを立ち上げ、事業を策定します。具体的な活動は各学会・団体に委任し、CKD対策協議会は、その報告を受け、助言します。その活動実績と今後の行動計画はWKDのイベントで報告します。
ページトップへ戻る