イベント情報

J-CKDIが主催・後援するイベントの情報です。

年月で見る

都道府県別で見る

2014年3月09日

開催地: 東京都

CKD啓発講演会「ストップ・ザ・腎不全:~シームレスなCKD診療~」

CKD講演会イメージ 「世界腎臓デー」は、腎臓病の早期発見と治療の重要性を啓発する国際的な取り組みとして、毎年3月第2木曜日に定められています。
「世界腎臓デー2014」にあたり、日本慢性腎臓病対策協議会では、2014年3月9日(日)に慢性腎臓病(CKD)疾患啓発のための講演会を開催いたします。

腎臓関連学会・関連団体等に広く呼びかけ、一同に会する場を設け、CKDについての現状と今後の対策など共通の認識をもち、それぞれの分野でCKD対策を推進すること目的としています。
※左記写真はイメージです。

【開催概要】

日時 2014年3月9日(日) 13:00~16:30(予定)
会場 お茶の水 東京ガーデンパレス  東京都文京区湯島1-7-5
JR・東京メトロ 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
対象 関連学会・地域医師会・患者団体・報道関係者
参加費 無料(事前申込)
プログラム
(予定)
【講演の部】
講演1 我が国におけるCKD有病率:NIPPON DATA2010より
 :三浦 克之(滋賀医科大学・教授)
講演2 特定健診・保健指導のCKD対策における意義
 :渡辺 毅(福島県立医科大学・教授、J-CKDI監事)
講演3 「エビデンスに基づくCKDガイドライン」~改訂のポイント~
 :木村 健二郎(聖マリアンナ医科大学・内科部長)
講演4 KDIGOガイドラインについて
 :塚本 雄介(板橋中央総合病院・副院長)

【シンポジウム】 ~各地域でのCKD対策~
滋 賀 県「滋賀県全域での医療者連携について」
 :宇津 貴(滋賀医科大学・准教授、J-CKDI滋賀県代表)
新 潟 県「地域におけるCKD対策―新潟県の特徴― 」
 :成田 一衛 (新潟大学 ・教授、J-CKDI新潟県代表)
岡 山 県「岡山県のWKD懸垂幕掲出活動について」
 :前島 洋平(岡山大学・教授、J-CKDI・幹事)

【報告の部】
報告1 From-J研究と腎疾患重症化予防実践事業について
 :山縣 邦弘(筑波大学・教授、J-CKDI・理事)
報告2 小児eGFRの推算式について
 :本田雅敬 (東京都立小児医療センター・副院長、日本小児腎臓病学会・理事長)
報告3 CKD啓発動画研究会報告
 :安藤 康宏(自治医科大学・教授、J-CKDI・幹事)
報告4 腎臓病早期発見推進機構[IKEAJ]について
 :岡田一義 (腎臓病早期発見推進機構[IKEAJ]・執行委員)
Statement
 :横山 仁(J-CKDI・事務局長、金沢医科大学・教授)
共催 公財)日本腎臓財団、日本慢性腎臓病対策協議会(J-CKDI)
後援 厚生労働省、日本医師会、IKEAJ、全国腎臓病協議会
問い合わせ先 日本慢性腎臓病対策協議会(J-CKDI)
FAX: 03-5802-5570
ページトップへ戻る