酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘に効かない原因は?

トイレ

酵素というとダイエットのイメージが強い昨今ですがが、実は便秘にも効くということをご存知でしたか?
酵素サプリやドリンクの口コミをみても、便秘が解消されたという喜びの声が多く見られます。便秘がちな方にとっては特に嬉しい効果ですよね。

しかし、なかには酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘に効かなかったという人もいるようです。
それどころか、便秘解消のために飲み始めたのに便秘が悪化したという人さえいます。一体なぜこのような違いが生まれるのでしょうか。

酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘が解消されない原因をまとめました。
便通目的でこれから酵素を取ってみようと思っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

 

酵素が便秘に効く理由とは

そもそも、なぜ酵素は便秘に効果があるのでしょうか。便秘に対する酵素の働きを見ていきましょう。

 

消化をスムーズにする

便秘の原因の一つが、消化不良です。
暴飲暴食を繰り返したり栄養の偏った食生活を続けたりしていると、当然消化が追い付かなくなりますよね。そうすると食べ物がしっかりと消化されていない状態で大腸に届き、便を体外に排出するための腸の蠕動運動が正常に機能しなくなってしまいます。
便秘を解消するためには、しっかりと食べ物を消化することが大切です。

そして、このときに必要となるのが酵素です。
消化は酵素の主な働きの一つであるため、酵素サプリやドリンクを飲むことで消化をスムーズにし、便秘を解消しやすくしてくれます。

 

腸内環境を整える

腸内には100種類を超える細菌が存在し、そのうち善玉菌には腸の動きを活発にする作用があります。
これに対して悪玉菌は、有毒な物質を作り出したり排泄しにくい便を作ったりすることで腸内環境を悪化させます。

悪玉菌は食べすぎやストレス、運動不足など様々なことを理由に増加していきます。
悪玉菌によって悪化した腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすしかありません。

酵素は腸にとって良い働きをする善玉菌を作ることができるため、便秘になりにくい状態にしてくれます。

 

自律神経系のバランスを保つ

自律神経と腸の働きには深い関係があり、交感神経が優位になると腸の働きは低下してしまいます。
反対に副交感神経が優位になると腸の働きは活発になります。ストレスが溜まったときに便秘になりやすいのは、交感神経が優位になるためです。

酵素は内臓だけではなく自律神経系にも働きかけます。酵素を取ることによって自律神経系が整い、腸の働きに影響を与えることができるのです。

 

酵素商品選びを間違うと便秘になる

酵素サプリやドリンクには、本来であれば便秘を解消する効果が期待できる物です。
にもかかわらず便秘に対して全く効果が見られない原因は、間違った酵素商品を選んでいるからかもしれません。
便秘に効く酵素商品の選び方のポイントを2つご紹介します。

 

添加物が入っていない

酵素商品は食物の消化を助け、腸内環境を整えてくれます。
しかし、それとは逆の働きをするのが添加物。添加物は消化吸収を阻害する上に善玉菌の働きも抑えてしまうため、摂取していいことは一つもありません。

酵素商品を購入する前に、どのような成分を含有しているのかを必ず確認してください。
添加物には数えきれないほどの種類がありますが、甘味料・保存料・香料・着色料・酸味料といった、製造上必要のないものが含まれている商品は避けるべきであると言えます。

健康のために酵素を取るのですから、健康に悪いものを摂取する必要はありません。ぜひ添加物が使用されていない生の酵素ドリンクを選んでください。

酵素がしっかり入っている

酵素というからには、どの商品にも酵素はしっかり入っているのでは?と思うかもしれません。しかしこれは間違いで、中にはまともに酵素が含まれていない商品も存在するのです。

酵素エキスがもっとも多く含まれているかどうかは、原材料を確認すればすぐに見分けがつきます。
原材料に野菜や果物の名前が記載されていたり、「植物発酵エキス」と記載が上位にあるものは酵素商品の要である酵素エキスがしっかりと含まれています。
ですが原材料に「シロップ」や「ブドウ糖液」などの表示がある場合は、多くが酵素エキスを薄めてしまっているものであると考えられます。

原材料は含有量が多い順に記載する決まりになっているので、一番最初にシロップやブドウ糖液の記載がある酵素商品には酵素はほぼ含まれていないと言っても過言ではありません。

シロップやブドウ糖液などで薄められている酵素ドリンクは、酵素エキス100%のものよりもおいしく感じるかもしれません。しかし、残念ながら酵素の効果はほとんど期待できないといえるでしょう。

 

好転反応の可能性も?

好転反応とは、漢方薬や健康食品などを初めて摂取したときに一時的に現れる身体反応のことです。
これは決して悪いことではなく、効果が出始めている証拠だと言えます。

酵素を飲んだときにも、一時的に便秘や下痢などの症状が出ることがあります。
これは、腸内環境が変わり始めている証拠です。状態が悪化したと思い焦ってしまうかもしれませんが、あまり心配せずに続けてみてください。

好転反応はあくまでも一時的なものであるため、次第に症状は落ち着いてくるはずです。
しかし、症状が強く出すぎている場合には量を減らして飲むことをおすすめします。

 

酵素サプリ・ドリンクで便秘を解消しよう

便秘は万病のもとといわれるほど身体に多大な影響を及ぼします。
腸の機能低下やだるさ、疲労感につながるほか、長期的には大腸がんなどの生活習慣病のリスクファクターにもなり得ます。
ダイエットや美肌のために便秘の解消が必須なのはもちろんですが、健康のためにも便通を良くすることはとても大切なのです。

便秘には効かないという噂もある酵素サプリ・ドリンクですが、効果の高い酵素商品を正しく選べばきっと効果が現れるはずです。便秘で悩んでいる人は、ぜひ酵素を試してみてくださいね。

関連記事

  1. 体内酵素の働きと節約方法

  2. ぽっちゃり

    酵素ダイエットに失敗する理由は?痩せない原因を解明